【これで分かる】ソフトバンクでのMNPによる解約手続きの流れ

【これで分かる】ソフトバンクでのMNPによる解約手続きの流れ

 

ソフトバンクからMNPで別の会社に乗り換えしたい。

 

この時にMNPの手続きや解約のタイミングなど、不明な点もあると思います。

 

  • MNPの手続きの流れは?
  • MNPで乗り換えた時の解約はいつ?

 

この2つが分かるようにソフトバンクでのMNPについて解説していきたいと思います。

 

 

 

ソフトバンクのMNPの手続きの流れ

 

ソフトバンクでのMNPの手続きの流れについて説明します。

 

1.MNP予約番号を発行する

 

まずはMNP予約番号を発行します。

 

MNP予約番号は、ショップ/インターネット/電話の3つのいずれかで発行できます。

 

この時点では手数料は発生しませんし、まだ解約も行われません。

 

2.新規契約の申し込みをする

 

新しく乗り換えたい事業者への新規契約の申し込みをします。

 

この時に、発行したMNP予約番号を伝えます。

 

3.MNPによる切り替え手続き

 

この切り替え手続きが終わった時に、ソフトバンクが解約となり、新規契約先と新しく契約が有効になります。

 

 

 

新規契約や解約したときの料金はどうなる?

 

新規契約先、ソフトバンクそれぞれで発生する料金を税抜でご紹介します。

 

まず、新規契約先では下記の料金が発生します。

 

  • 契約事務手数料
  • プラン料金

 

プラン料金が日割りになるかどうか、契約事務手数料がいくらかなどは契約先によってことなるので事前にご確認ください。

 

次にソフトバンクの料金です。

 

  • MNP転出手数料
  • プラン料金
  • 違約金や端末分割支払金

 

 

それぞれを順に見ていきます。

 

MNP転出手数料

 

3,000円です。

 

ただし、

 

  • みまもりケータイ
  • シンプルスタイル
  • スマート一括
  • USIMカードのみ

 

上記のいずれかで新規契約した後、3ヵ月以内にMNP転出する場合は5,000円となります。

 

 

プラン料金

 

解約した日、解約した月までのプラン料金を支払わなければいけません。

 

日割り料金になるもの、月額固定の料金になるものに分かれています。

 

 

違約金や端末分割支払金

 

契約更新月以外で解約した場合や、端末の分割支払金が残っている場合は支払が必要です。

 

端末の分割支払金が残っている状態で解約をすると、月月割は解約月の前月までしか適用されないのでご注意ください。

 

 

 

MNPによる諸費用に注意しよう

 

MNPでの乗り換えは新規契約と解約を同時に行うこととなります。

 

そのため、新規契約による費用と解約による費用、さらにMNPによる乗り換え費用と3つが同時にかかってきます。

 

できるだけ費用が最小限に収まるようにMNP乗り換えをしましょう。